ALC用ねじ【GS PレスアンカーALC トラス頭 ステンめっき】

Great Safety PレスアンカーALC トラス頭 ステンめっき

Pレスアンカー マスコットALCパネル用ねじ 下穴不要 ALCに締結
通常工具にてALCへ取付 ねじ固定式アンカー
PレスアンカーALC トラス頭 ステンめっき
PレスアンカーALC トラス頭 ステンめっき
PレスアンカーALC トラス頭 ステンめっき

特長

  • ALC(軽量気泡コンクリート)に部材を締結します。(取付け部材+ALCパネル)
  • ねじ固定式アンカーなので衝撃も無く、ALCを壊しません。
  • 大きな頭部(トラス頭十字No.3)により大きな保持力を有し、合板やベニヤ板の重ね合わせでも威力を発揮します。
  • ステンめっき仕上げによる優れた防錆力、耐食性、耐摩耗性。ステンめっき参考資料
  • 下穴不要で2×4などへ締結可能です。

用途

配管サドル、 配管バンド、 配線サドル、 スイッチボックス、 コントロールボックス、 照明器具、 掲示板、 空調設備、 警報機器、 ドア枠、 棚、 座席、 戸桶受け金具、 吊り子止め金具、 胴縁、 床組、 コンパネ、 パーチクルボード、 サイディング下地、 屋根瓦桟止め、 シート防水、 座金、 鼻かくし、 破風板、 水切り、 笠木、 面格子、 看板、 幕板、 堅戸樋受金具、 サッシ枠、 床材、 断熱材、 カーペット、 ALC間仕切、 間柱、 二垂床支持脚、 電気設置、 配電盤、 パラボナアンテナ、 火災報知機、 ホームセキュリティ機器、 ダクト、 床暖房パネル、 厨房、 給排水設備、 換気フード、 換気扇、 給配水管、 ガス管など をALC板へ取り付ける際に使用します。

仕様表

GS PレスアンカーALC トラス頭 ステンめっき サイズ表
品 名 d×L
(mm)
D
(mm)
h
(mm)
適応ビット ドリル径
(mm)
ねじ込み深さ
(mm)
入 数
GSトラス ALC6045 ステンめっき 6.3×45 11.3 3.1 十字No.3 不要 40.0 200本×10
GSトラス ALC6075 ステンめっき 6.3×75 11.3 3.1 十字No.3 不要 70.0 100本×10
GSトラス ALC6090 ステンめっき 6.3×90 11.3 3.1 十字No.3 不要 85.0 100本×10
GSトラス ALC6120 ステンめっき 6.3×120 11.3 3.1 十字No.3 不要 115.0 100本×10

引張強度表

品 番 試験材 最大引張強度 許容荷重
目安
許容剪断荷重
目安
GS Pレスアンカー
ALCトラス ステンめっき 6㎜径
軽量気泡コンクリートパネル 100㎜厚
圧縮強度3.9N/㎜2(40kgf/㎝2)
ねじ込み深さ:40㎜
1,432N
(146kgf)
286N
(29kgf)
343N
(35kgf)
GS Pレスアンカー
ALCトラス ステンめっき 6㎜径
軽量気泡コンクリートパネル 100㎜厚
圧縮強度3.9N/㎜2(40kgf/㎝2)
ねじ込み深さ:65㎜
2,334N
(238kgf)
467N
(48kgf)
584N
(60kgf)
GS Pレスアンカー
ALCトラス ステンめっき 6㎜径
軽量気泡コンクリートパネル 100㎜厚
圧縮強度3.9N/㎜2(40kgf/㎝2)
ねじ込み深さ:85㎜
2,903N
(296kgf)
581N
(59kgf)
726N
(74kgf)

推奨工具は回転専用スクリュードライバー18V以上の機種で毎分500~1,700回転で締結して下さい。(インパクトレンチによる過分な締め付けは最大引張強度の保証は出来ません。)

ドリル径及び穿孔深さは厳守して下さい。(ドリル径は過少、過大では最大引張強度の保証は出来ません。)

※穿孔に際しては、穴内の切粉除去をして下さい。

※製品は改良の為予告なく変更することがありますのでご了承下さい。

製品カタログ

GSプレコン・Pレスアンカー
製品カタログ
GSプレコンアンカー・Pレスアンカー 製品カタログ
GS PレスアンカーALCトラス ステンめっき
引張試験成績書
GS PレスアンカーALCトラス ステンめっき 引張試験成績書

イイファス製品の総合カタログ、その他の製品のカタログはこちらよりご覧ください

お問い合わせ


クリックするとsales@iifas.jp宛てのメールを作成します クリックすると「問い合わせ」送信フォームにジャンプします



【PレスアンカーALC SUS304(18Cr-8Ni)タイプ】【PレスアンカーALC セラミックコーティング タイプ】もご覧下さい。
当ウェブサイトに掲載している情報・画像等を、当社の許可なく複製、転用等の二次利用を行うことは禁止します。また、製品は改良のため予告なく変更することがありますので、ご了承ください。

ページ上部へ